2011年05月07日

未分不相応にカッコいいパーキングブレーキ

01.jpg

もげる、折れるは当たり前、のF号ですが、先日パーキングブレーキを
かけようとしてハンドルを引っ張ったら、ポロッ! ともげてしまいま
した………………(-_-;)

02.jpg

実は、このパーキングブレーキハンドルはこれまでにも何度ももげたり
折れたりしている前科者。見るからに華奢な作りの樹脂製で、しかも、
コッターピン1本でシャフトに取り付けられている、という「壊れて当
たり前」みたいなチャチな構造です。そして(これは推測ですが)そも
そも材質がスカなのではないか、と……(?)

アメリカのクルマはどんなに旧くてもパーツに困ることはない、といわ
れています。その理由は、今でもリプロダクションパーツが製造、販売
されているから。ただし、物によっては金属や樹脂などの材質に疑問の
あるものも………。このパーキングブレーキハンドルも、そんな「怪し
いリプロダクションパーツ」なのではないか、と。。。。。


というワケで、今回は修理にリプロダクションパーツは使いません。使
うのはコレ。ハーストのシフターハンドル!(かっちょええ〜〜♪)。

03.jpg

これは、今から20年以上前にロサンゼルスのペップボーイ(日本の「オ
ートバックス」みたいなカー用品チェーン店)で買ったもの。その時は
買っただけ。以来、そのまま使わずに時々眺めてニヤニヤしながら持ち
続けていたものです。

本来はマニュアルトランスミッション用のシフターハンドルなのですが
今回はコレを改造してパーキングブレーキハンドルに流用しちゃいます。
材質はアルミの塊から削り出されたゴツい作り! これならもう二度と
もげたり折れたりする心配は皆無! 握り心地も非常によろしいです♪

では、改造します。といっても、パーキングブレーキのシャフトの先端
にボルトを熔接するだけ。

だけ、ですが、ワタクシは熔接のできる設備を持っておりません。

こういう時は、いつもの「隠れ家」へ♪
http://frankengallery.seesaa.net/article/147361232.html

05.jpg04.jpg

で、車体に取り付けてみると……………
おおっ! これはパーキングブレーキにあるまじきカッコよさ!!!



さて「修理」はもちろん最大の目的なのですが、ワタクシにとっては
「隠れ家」でクルマをバラしたり、店主のNクンとダベったり、Nクンの
バイクコレクションを見せてもらったり、隣のビンテージバイクショッ
プを覗きに行ったりすることが至福の時間なワケですよ、へへへ(^_^)。

で、隣のビンテージバイクショップで、なんと、ワタクシの物欲を強烈
に刺激する激ヤバ(!)なバイクを発見してしまった‥‥‥‥(>_<;)




◯◯万円か。ああ、ヤバイ! ヤッベエなあ〜〜(^_^;;;;;;;)

06.jpg

「黄色いヘルメット」は、Nくんが「BellよりもBucoよりもカッコイ
イ!」と豪語する彼のコレクション。骨董市で見つたそうで、一応
「ホンモノ」だそうです(笑)


posted by フランケン at 14:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。